ネットで簡単!結婚指輪の入門書

結婚式、入籍日はまだまだ先だけれど、一緒に生活をしているカップル、どちらの日付にあわせて結婚指輪を作ったらいいのでしょうか

アレルギー体質の結婚指輪選び

意外に多い金属アレルギー。アレルギーがなくても、結婚指輪をつけっぱなしで家事や育児をしていると、リングと指の間に水がたまってしまって、そこから雑菌が繁殖して指に炎症が起こるケースもあります。

ずっとつけっぱなしにしている結婚指輪は、衛生面でトラブルになることもあり、時々は外して指を乾燥させ、指輪の手入れもしてあげるといいですね。

金属アレルギーは、実際にアレルギー検査を行えば、どんな金属に反応が出るのかがわかります。

一般的に、プラチナやゴールドの結婚指輪は、純度100%ではありません。

純度100%の金属は、強度が弱くなってしまうため、加工には向かないのです。

しかし、そのちょっとした混ぜ物の部分にアレルギー反応してしまうと、毎日結婚指輪を身に付けることはできなくなってしまいます。

そもそも金属アレルギーが顕著な人は、わざわざアクセサリーやジュエリーを身に付けることは少ないと思います。

貴金属をつけなくてもできるおしゃれもありますから、普段から工夫している人も少なくないでしょう。

しかし最近では、金属アレルギーの人の結婚指輪として人気が高いブランドもあります。

これは100%プラチナ素材に鍛造製法で強度を出した結婚指輪で、金属アレルギーのある人の間で信頼されるブランドになっています。

こうした純度の高いプラチナを特殊製法で加工するということで、価格が若干高くなっています。

アレルギー反応のリスクを抑えるためとはいえ、アレルギーのある人の結婚指輪は安価に入手することができないのがデメリットともいえますね。

Comments are currently closed.